妻 不倫 制裁

妻の不倫相手に制裁

妻が不倫相手との子供を妊娠したので制裁として慰謝料請求。よしんば妻の姦通が素っ破抜きできても、自分の言葉で報復しないで下さい!。それは、自分の言葉で懲らしめを課すと、自分の立場が不利になってしまうからです。

 

相手に責めがあるからと言って、妻に激しい声で叱咤してしまうと、DV(家庭内暴力)と理解されて離婚裁判になった時などにはなはだ立場が弱くなります。

 

酷い声の調子で咎められたので心の病にかかったと診断書を書かれて、ママがお役所に提出してしまうこともあり得ます。

 

ひょっとすると、奸夫のことを殴ってやりたいと激怒する方もおられるのは当然の成り行きですが、姦夫へ傷を負わせてしまうと自分自身が加害者になってしまいます。

 

もし乱暴を振るわなかったとしても、大きな声で叱責してしまったら脅迫罪で逮捕されるケースも多くあります。

 

自らで懲罰を加えると、実をもってしがない幕引きになる人が大部分である。

 

 

嫁はんと夫婦の仲を取り戻して修復するためにはどうしたら最善なのか?。

 

もし家内が不倫をしている現場を押さえても、なんとか上さんとの夫婦の仲を回復したいと願う方は多いはずです。

 

いつまでも、この嫁さんを愛すると決めて成婚した女ですから、許してあげて、夫婦の絆を取り戻して修復したいと思うご主人は多いはずです。

 

それでもなお、注意しなければならないのは、女性の気持ちを感じてあげることです。