妻 不倫

妻の不倫を調査したい

妻の不倫を調査したい。奥さんの姦淫がいぶかしい際は、明白な裏書きを得る。確固たる確たる証拠掴み取ることができるまでは、不貞に気付いていることを話さない方がいい。

 

家内は姦淫をしているのかもと怪しんだ時、概して妻が使っているラインを調査して、他の男と卑猥なメールのやり取りをしていないか、トラベルの日程表がメモされていないかどうか見ると思います。

 

または、嫁はんが使用しているバックにGPSを入れておいたりして、振る舞いを観察するということもされるでしょう。

 

でも、それだけだと裁判で法的に認められる密会の証左になり得ないということをお気づきでしょうか?。

 

夫にとっては、嫁が浮気相手と卑猥なラインのやり取りをしていて、一緒に旅行に行きたいとか囁き合っていたら、そういったタイプの事は姦淫と見なすますよね?。

 

さらには、ママの姦通がいぶかしいということでGPSで生活をモニターしている時に現在の場所がモーテルだとしたら、激憤してしまいますよね。

 

けれど、裁判では「不貞行為」をしていなければ、姦淫だと評決されません。

 

他の男と上さんが性交渉をしていて初めて、法的な観点から不貞と見なされます。

 

裏を返せば、妻が密夫と性の営みをしていないにもかかわらず、密会だと言って激しく詰問すると、自らの方が弱くなってしまう。

 

妻の不倫と制裁の失敗例

 

裏書きが手薄な状態で、奥さんの情事を責め立てて不出来に終わった事件伝達。

 

音声録音機へ記録した奸夫と奥さんの喘ぎ声。

 

嫁はんのスケジュールが変わり、ボイスレコーダーをポーチに入れておいたりしておきました。

 

後になって聴いてみると、奸夫と性交しているとしか思えない卑猥な行為をしている声が確認できました。

 

こういうのは明らかな確たる証拠だと判断してワイフに詰問してたら、浮気を自供しました。

 

ところが、いざ姦夫に慰謝料の請求をしようとすると、俄然態度を変化させてしまったのです。

 

旅館へ自分だけで宿泊し、浮気相手と二人ではないと。

 

そのような言い訳は通じないと受け止めましたが、ロイヤーの先生に仰いでみても、帰するところラブホに出入りする所を激写するなど記録に取っておかないと、訴訟面で確かな姦通のプルーフではないという答申。

 

嫁さんが車の中で男と口づけしていたにも関わらず・・・。

 

嫁が帰ってくるのが過度に遅いので、仕事場に行ってみたところ、やはりクローズしていました。

 

パーキングにワイフのミニバンがあり、よりによって姦夫とキッスをしている最中でした。

 

こちらは失神しそうになってしまいました。

 

怒りのあまり、扉を開いて叫んで叱責して、間男のIDおよびビジネスカードを出させ、慰謝料の請求をしました。

 

だけれど、しばらくして密夫のロイヤーから知らせが寄こされ、あなたがした言動は脅迫罪になる可能性が高いので、サツに被害届を提出すると知らされました。

 

さらに、車のシートの上で口づけしていた行為だけだと不貞行為に相当しないので、情事の慰謝料を支弁するオブリゲーションは無いというのです。

 

私としては極めて錯乱してしまいました。

 

嫁が誰かとディープキスしている現場を目撃したにもかかわらず、それが不貞行為に相当しないとはバカにするなという心境でした。

 

帰するところ、示談ということになりましたが、当方としては不本意な思いです。

 

 

妻 不倫記事一覧

妻が不倫相手との子供を妊娠したので制裁として慰謝料請求。よしんば妻の姦通が素っ破抜きできても、自分の言葉で報復しないで下さい!。それは、自分の言葉で懲らしめを課すと、自分の立場が不利になってしまうからです。相手に責めがあるからと言って、妻に激しい声で叱咤してしまうと、DV(家庭内暴力)と理解されて離婚裁判になった時などにはなはだ立場が弱くなります。酷い声の調子で咎められたので心の病にかかったと診断...